ブラインドサッカー女子日本代表選手にマウスガードを提供いたしました2020.06.16

この度、社会貢献活動の一環として、いばた歯科 井畑信彦先生にご協力を頂き、2020年1月18日にブラインドサッカー女子日本代表選手に弊社材料によるマウスガードと口腔衛生製品を提供させて頂きました

ブラインドサッカーは、健常者が生活する上で情報の8割を得ているという「視覚」を閉じた状態でプレーする競技です。
ルールはフットサルを基に考案されており、転がると音が出る特別なボールを使用します。また健常者のガイドや監督がピッチ外から選手に声で指示を出します。選手同士の声の掛け合いも含めたコミュニケーションが勝負のカギを握ります。技術だけではなく、視覚障がい者と健常者が力を合わせてプレーするため、「音」と「声」のコミュニケーションが重要な競技です。
ブラインドサッカーは男子のみ、「5人制サッカー」という競技名で2004年アテネ大会からパラリンピックの正式種目となっており、東京パラリンピックでも競技が行われます。
選手の皆様の今後のご活躍をお祈り申し上げます。

日本ブラインドサッカー協会公式ホームページ
http://www.b-soccer.jp/