インプラント一般的なインプラント治療の流れ

1. 診査・診断

1. 診査・診断

インプラント治療をご希望の方に、インプラント治療が適しているかを診査します。
インプラント治療はすべての方におこなえるわけではありません。 全身疾患や局所的な原因でインプラント治療ができない場合もありますので、歯科医院での正確な診査・診断が必要です。

2. インプラント手術

2. インプラント手術

骨にインプラント(人工歯根)を埋め込みます。
通常、局所麻酔でおこないますが、手術に対して強い恐怖心をお持ちの方には、鎮静下で手術をおこなうことも出来ます。
手術後、骨とインプラントがしっかりと結合するまで少し期間をおきます。

3. 人工の歯の製作と装着

3. 人工の歯の製作と装着

骨とインプラントがしっかりと結合した後、型を採って、人工の歯を製作します。
よく噛めるか、話しやすいかなどの機能面はもちろんのこと、色や形などの見た目においても患者さんご自身が納得の いく人工の歯を製作し、出来あがったものをインプラントの支台に装着して完成です。

4. メンテナンス

4. メンテナンス

インプラントを長期間にわたって維持させるためには、日常の患者さんご自身によるブラッシングと歯科医院での定期検診の両方が重要です。
期間には個人差がありますが、半年から1年ごとの定期検診が必要となります。