インプラントインプラント治療と他の治療法との違い

ブリッジとの比較【例:歯を1本失った場合】

従来法:失った歯の両隣の歯を削ってブリッジにします。

従来法:失った歯の両隣の歯を削ってブリッジにします。

両隣の歯が健康な場合でも削らなければならない

インプラント治療ならば

両隣の健康な歯を削らずに固定された人工の歯を入れることが出来ます。

両隣の健康な歯を削らずに固定された人工の歯を入れることが出来ます。


部分入れ歯との比較【例:複数の歯を失った場合】

従来法:他の歯にバネをかけて部分入れ歯を固定します。

従来法:他の歯にバネをかけて部分入れ歯を固定します。
  • 失った部分以外の健康な歯にバネがかかるため違和感がある
  • バネをかけた歯に負担がかかる
  • バネが見えるため見た目が悪い

インプラント治療ならば

他の歯にバネをかけることなく固定された人工の歯を入れることが出来ます。

他の歯にバネをかけることなく固定された人工の歯を入れることが出来ます。部分入れ歯に比べて違和感が少なく、見た目も良くなります。


総入れ歯との比較【例:すべての歯を失った場合】

従来法:歯肉との吸着力で入れ歯を支えます。

従来法:歯肉との吸着力で入れ歯を支えます。
  • 硬いものが噛めない
  • 味覚が落ちたり、食べ物の温度が伝わりづらい
  • 不意に入れ歯がずれたり、外れたりする
  • 話しにくい
  • 顎がやせてしまうため老けて見える
  • 入れ歯というコンプレックス

 

インプラント治療ならば

固定されるため、がたつきがなく安定します。

固定されるため、がたつきがなく安定します。天然歯と同じように何でも食べることができ、いつでも美味しく食事を楽しむことができます。
また、入れ歯のようにずれる心配がなく自然に話しをすることができます。