インプラントアフターケア

お口の健康維持によるクオリティーオブライフの向上を目指して。

お口の健康維持によるクオリティーオブライフの向上を目指して。インプラント治療は人工の歯を装着することがゴールではありません。
インプラント治療のアフターケアを
患者さんと歯科医院が二人三脚でしっかりと行い、
お口の中の変化に対応し、いつまでも健康な状態を維持していきましょう。

検 診

定期検診

検 診

咬み合わせや歯肉に異常がなくても、半年から一年ごとに検診を受けるようにしてください。

プロフェッショナルケア

プロフェッショナルケア

インプラントの状態、お口の中の全体の状態、咬み合わせの状態、残っている歯の状態、 歯磨きの状態をチェックし、歯間ブラシやフロスなどが必要な部分について指導いたします。

歯科医師によるケア

インプラント本体の状態、咬み合わせの調整、歯肉の状態などをチェックします。

歯科衛生士によるケア

歯磨きのチェックや、歯石の除去・歯磨き指導を行います。

ホームケア

ホームケア

インプラントもしっかり磨かないと天然の歯と同じようにインプラントの周囲に炎症が起きます。
このような状態はインプラントに悪影響を及ぼすため、歯科医師又は歯科衛生士の指導のもと歯磨きとお口の管理を行ってください。
さらに必要に応じて、歯科医院で適切な治療をうけてください。

その他

MRIについて

インプラント自体への影響
磁力を利用した撮影のMRIは、チタン製であるインプラントそのものに影響はありません。

MRI画像診断への影響
インプラントを含め金属を使用したすべての治療は画像に影をつくる可能性があります。 ただし、稀に検査結果に影響を及ぼすことはありますが心配はございません。 予め、インプラント治療経験があることを担当医にお伝えください。

全身疾患について

全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症等)に罹患された方はすみやかに担当医にお知らせください。

定期検診の費用について

費用については個々の患者さんのお口の中の状態、治療内容によって異なりますので、担当医までお問い合わせください。

インプラント治療後、以下のような症状がある場合は担当医まですみやかにご連絡ください。

●ガタつき、ぐらつきがある ●欠けた、すり減った ●歯肉の腫れ、出血がある ●違和感がある